こうしてむし歯は進行する。むし歯のメカニズム

「甘い物を食べるとむし歯になる」という一般的な認識は間違いではありません。しかし、実際のむし歯になるメカニズムはもう少し複雑。糖分だけがむし歯の要因ではなく、むし歯菌、時間、口腔内環境といった要因が重なることで、むし歯の発症につながるのです。

要因1.
むし歯菌
むし歯菌は多かれ少なかれお口の中に潜んでいますが、多ければそれだけむし歯のリスクが高まります。歯垢は、むし歯菌が繁殖する温床となるため、きれいに取り除いておくことが大切です。
要因2.
糖分
むし歯菌は糖分をエサにして酸を出します。この酸が歯を溶かしてむし歯になります。
要因3.
時間
むし歯菌が活発に動き出すのは食後30分頃。それまでにブラッシングをして食べかすをきれいに除去しておけば、むし歯菌の活動を抑制できます。
要因4.
口腔内環境
食後以外の普段の口腔内環境の良し悪しも、むし歯のなりやすさに関係しています。フッ素入りの歯みがき粉やキシリトール入りのガムを利用すると、良好な口腔内環境を維持しやすくなります。

むし歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期のむし歯】
C0【ごく初期のむし歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質のむし歯】
C1【エナメル質のむし歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質のむし歯】
C2【象牙質のむし歯】
エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 むし歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達したむし歯】
C3【神経まで達したむし歯】
神経までむし歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達したむし歯】
C4【歯根まで達したむし歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

歯がしみるのは知覚過敏かもしれません!

冷たい物や熱い物を口にしたときに歯がしみる……。むし歯が原因のこともありますが、知覚過敏の可能性もあります。知覚過敏は歯ぎしりや間違ったブラッシングにより歯の表面のエナメル質を傷付けてしまうことにより起こる症状。エナメル質に保護されている象牙質が露出し、象牙質にある無数の小さな穴から神経に刺激が伝わってしまうのです。

むし歯と違い瞬間的な痛みですぐに治まったり、場合によって痛くなかったりもするため放置してしまうことも多い症状ですが、歯髄炎や歯周病に進行することもあるので、早目に歯科医院に相談し、症状の改善を図ることをおすすめします。

歯が痛くなる前に予防をすることが大切です!

  • PAGE TOP

神奈川県相模原市南区|診療予約|アイ歯科医院